フィリピンへ英語留学をしよう
4月 28, 2015 — 2:53

英語留学を検討されている保護者の皆さんは円安によって留学費用が非常に高くなることを心配されています。確かに円安の時期に留学をするとコストがかかりますので、為替と物価が比較的安い国で英語留学をさせてみるというのも1つの方法だと考えられます。今最も人気が高い留学先がフィリピンです。フィリピンは実は英語が公用語になっているので、英語が日常的に使われています。そして、独特のなまりなども付いていないので本場の英語と同じレベルの留学を実現することができます。それに留学費用もアメリカやカナダに比べると格安で抑えることができるところが大きなメリットです。為替や物価が安いフィリピンでしたら、お金のことを心配させることなく、英語を身に付けることができます。夏休みや春休みに一度フィリピンへ留学してみると語学力を伸ばすことができそうです。

英語留学のメリットについて

日本人の英語熱は以前に比べると高くなっています。実際、外国人と接する機会も増えているので日本語だけでは対応できない事も有ります。そのため、英語を学ぼうとする人は大勢います。しかし日本語を使いつつ英語を勉強していても、なかなか身に付かない事も少なくありません。そういう時にお勧めなのが英語留学です。周りが外国人ばかりで、日本語が殆ど通じない状態に置かれると、人はその場所の言葉を自ずと覚えて行きます。これは、それを理解する必要性を本人が感じているからです。英語は押しつけられて勉強してもあまり身に付きません。重要なのは自分自身の気持ちです。どうしても話さなければいけない状況に陥ると言う事は、英語上達への近道です。したがって、英語を出来るだけ早く身に着けたいと思っている人は英語留学を検討してみてはいかがでしょうか。

本気で英語留学をするなら

留学の目的は人それぞれ違いますが、語学の習得を目的に留学する人も多いのではないでしょうか。高い費用を払っていくわけですから、それなりに語学を習得しておきたいところです。特に人気があるのが英語留学で、大勢の学生が海外を訪れています。しかしながら注意点もあります。本気で英語を学びたいのであれば、毎日英語だけの環境に身を置くのが手っ取り早い方法ですが、日本人の他の留学生が大勢いるような地域に留学してしまうと、日本人同士で話す機会が多くなり、結果としてあまり英語を使わない状況になってしまいます。中には何年間も留学していたにもかかわらず、現地で日本人留学生とばかり関わっていたため、全く英語を話すことができない人もいるのです。本気で英語留学をするのであれば、日本人があまり訪れないような地域に留学した方が良いでしょう。

物価が安く外食も安いので、食事にも困りません。 特に英会話を学びたいと思っている人には会話量が多いフィリピン留学がおすすめです。読み書きができても英語が話せない日本人にぴったりなマンツーマン授業。 映画やテレビは字幕なしで放送されるほど英語が浸透しています。 セブ島はリゾートとしても有名なため、休日は観光も楽しめます。 働くことで海外でのビジネススキルも身につきます。 リゾート地セブで学べる英語留学